テーマ:ゲームインパクト

やおぎも煮(牛肺臓の甘辛煮)

●材料 牛肺臓(ふわ)  200g     一口大に切る 水         200g     ※煮汁 濃口醤油     大2.5(45g) ※煮汁 酒         大2(30g) ※煮汁 みりん       大2(30g) ※煮汁 砂糖        大2(18g)  ※煮汁 唐辛子小口切  少々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●コチュジャン

※⑤のグラニュー糖を溶かす前の状態 ●コチュジャン 材料-------分量 備考 米こうじ味噌(※)-300g 甘口・粒有りのもの みりん(※)----300g 濃口醤油(※)--- 60g 水あめ(※)----150g 粉唐辛子----- 70g グラニュー糖--- 30g ① (※)をミキサーに入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●大豆のぎすけ煮

 福岡県の宮野儀助さんが始めたと言われる小魚の佃煮のような料理ですが、今では大豆をメインにちりめんやかえりいりこを加えたレシピになっており、福岡県や広島県の学校給食のメニューに頻繁に出て来ます。「広島県呉市名産のかえりいりこ」を使用するのが広島流。 材料-----6人分   下ごしらえ 乾燥大豆---150g    1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●手作りがんす

 簡単に言うとさつま揚 げのフライです。広島市草津および呉市の名産品で、広島方言「がんす」=ございます。から命名された。そのまま食べるのが一般的だけど、サンドやバーガーにして食べたりもします。  銀座のアンテナショップTAUでも「うまいでがんす(三宅水産)」の名称で取扱があるようです。 材料      7個分  重さ(g…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘煮(広島県呉市発祥 元祖肉じゃが)

 今から130年以上前、東郷平八郎がイギリス留学時に食べたビーフシチューを再現しようとして、その特徴だけを基に再現した料理で「広島県呉市発祥」。 今回は昭和13年刊行の「海軍厨業管理教科書」の「甘煮」の材料表・レシピ票を基に作りました。  ●甘煮(肉じゃが) 材料 4人分 重さ       下ごしらえ カレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[レシピ]四川担々麺(汁無し担々麺)

担々麺は茹でたての麺に調味料で味をつけて、唐辛子と花椒を効かせた麺料理です。あと油も香りをつけた美味しい油を使うと旨さの次元が変わってくるので出来るだけ自家製のラー油を使ってみて下さい。 ●炸醤肉(ザージャンロー) 4人分(担々麺にトッピング) 【材料】 ① 合い挽き肉 100g ② 醤油     大1 ③ 甜麺醤    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[レシピ]香味ラー油

ラー油といえば、出前一丁のごまラー油が有名なので「辛いごま油」を連想する人が多いと思いますが、漢字で書くと「辣油」つまり辛い(HOT)油と言うことで「ごま油」を必ずしも使う必要はない。むしろ香りのない油(サラダ油・綿実油)に好きな香辛料で香り付けをした方が美味しく楽しく、しかもうまいラー油を作ることが出来る。 【材料】 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

[レシピ]かたくり粉もちの青きな粉和え

かたくり粉を水と一緒に加熱すると透明になって餅のように柔らかく粘るようになる。かたくり粉の分量を加減すると柔らかくプルプルの食感にも、くず餅のようにモチッとした食感にもなるので、好みの硬さで試して欲しい。普通はきな粉をかけて食べるのだが、かたくり粉に加える砂糖の分量を少なくして、くず餅のように黒みつときな粉をまぶして食べたり、きな粉に砂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more