甘煮(広島県呉市発祥 元祖肉じゃが)

画像


 今から130年以上前、東郷平八郎がイギリス留学時に食べたビーフシチューを再現しようとして、その特徴だけを基に再現した料理で「広島県呉市発祥」。
今回は昭和13年刊行の「海軍厨業管理教科書」の「甘煮」の材料表・レシピ票を基に作りました。

 ●甘煮(肉じゃが)
材料 4人分 重さ       下ごしらえ
カレー用牛肉---100g       一口大
こんにゃく-------100g      一口大
じゃがいも-------200g      一口大
たまねぎ--------100g      薄切り
ごま油----------大1 (13.5g)
上白糖----------大1.5 (13.5g)
醤油------------大1.5 (27g)

作り方(火力は弱火~中火)
① 鍋にごま油を入れる
② 2分後に牛肉を入れる
③ 7分後に砂糖を入れる
④ 10分後に醤油を入れる
⑤ 14分後にこんにゃく・じゃがいもを入れ蓋をする。
⑥ 31分後にタマネギを入れる
⑦ 34分後に火を切り蓋をしたまま余熱で蒸らす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック