[裏技]シャトルシェフを使った温泉玉子作り

玉子の黄身と白身の固まる温度が黄身の方が若干低いことを利用して、黄身が固まっているのに、白身はゼリー状のままという玉子を作ったのが温泉玉子である。こういう話をすると作るのが難しそうだが、シャトルシェフと温度計があれば簡単にできます。温泉玉子は肉味噌うどんやぶっかけうどんにトッピングしたり、カレーに入れたり色々使えるので作り方を覚えると重宝しますよ。


画像


・用意するもの
① 玉子      10個
② シャトルシェフ(加熱用鍋/保温容器)
③ 温度計
④ タイマー、無ければ時計でも良い

【作り方】
画像
① 加熱用鍋に玉子を入れ水をたっぷりめに入れて加熱する。
   水が少ないと湯温がすぐ下がり適温を保てない可能性があります。











画像
② 温度計を入れて温度が68~70になったら火を止める。






画像
③ 保温容器に入れる。










画像
④ タイマーか時計で計測し40分たったら鍋から玉子を取り出す。

※火を止める温度が高すぎると白身まで固まってしまい、低すぎると黄身が固まらない、季節によって湯温の下がり方が若干違うので②で火を止める温度を調整して下さい。

広島ブログ




たまご用温度計エッグタイマー【郵送可¥250】
いま何度
エッグタイマーを水と卵と一緒にお鍋に入れて加熱します。するとエッグタイマーの外側から卵の火の通りにあ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

便利な温度設定機能!専用かごつきで温泉たまごも簡単!象印温泉たまご&スープクックジャー TH-DE06-XA
カー用品・日用品のホームセンター
設定温度まで素早く立ち上げる「ハイパワー加熱」。50℃?95℃まで5℃間隔で選択できる「マイコン温度

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック